今年はネット元年から20年目!ネットで働く860万人~フリーキャリア総研がインフォグラフィックを公開~

2015年08月13日 株式会社もしも

インターネットで収益をあげる働き方の調査機関「フリーキャリア総研」を運営する株式会社もしも(本社:東京都新宿区、代表取締役:実藤裕史)は、株式会社晋遊舎(本社:東京都千代田区)が発行する雑誌「Ambitous」協力のもと、フリーキャリアに関する情報をインフォグラフィックにまとめた【ネットで働く新時代、知ってる? 860万人のフリーキャリア】を8月13日に公開しました。現在フリーキャリアサービスは860万人に利用され、個人の副業需要の高まりやサービス環境の整いにより、今後さらに増加すると推測します。

インターネット元年と呼ばれた1995年から20年。インターネットの使われ方に大きな変化が起こっています。日本人口の約7%の人が、フリーキャリアを実施しており働き方が「会社」から「個」へ変わっていることが伺えます。

データ詳細解説はフリーキャリア総研ページ参照
http://free-career.com/infographics01/

インフォグラミー
https://infogra.me/ja/infographics/15328/

ネットを使って個人で収益をあげる働き方「フリーキャリア」人口はのべ860万人。日本人口の約7%

フリーキャリアとは、インターネットを使って個人で収益をあげる働き方のことです。2015年5月時点で、日本人口の約7%にあたる860万人が、フリーキャリアを実施していることがわかりました。インターネット元年と呼ばれた1995年から20年、インターネットの利用方法に大きな変化があることが見てとれます。

サービス別人口数、1位はアフィリエイト、2位クラウドソーシング、3位ドロップシッピング

フリーキャリア年表にあるサービス別人口数を見てみると、人口数の最多は『アフィリエイト』で487万人。フリーキャリア人口の約半数を占めていることがわかります。このフリーキャリア初のサービスは1999年に登場し、今でも定番サービスとして存在しています。2位のクラウドソーシングは259万人。サービスとしては5番手のスタートであるにも関わらず、現在250万人以上が利用しており、サービスの可能性が高いことがうかがえます。3位のドロップシッピングは、1社だけで42万人を超える人が利用しています。

フリーキャリアはサービス別に、パフォーマンス型とタスク型の2つのタイプに分けられる。

フリーキャリアサービスを2つに分けてみたところ『パフォーマンス型』と『タスク型』があります。パフォーマンス型は、自分でつくったモノをお金に変え、出来高によって報酬が変わります。これらはアフィリエイト、広告配信、ストックフォト、ドロップシッピング、ハンドメイド販売のサービスが含まれます。一方、『タスク型』は依頼を請け負った対価としてお金をもらい、作業に対して一定の報酬を得ることができ、クラウドソーシングやスキル販売のサービスが含まれます。
 フリーキャリアと一言にいってもタイプが分かれるため、個人は自分に合ったサービスを選択することをお勧めします。

会社概要

社名
株式会社もしも
本社所在地
東京都新宿区西新宿3-5-1 新宿セントランドビル8階
設立
2004年12月
資本金
5億2,550 万円(資本準備金含む)
代表取締役
実藤 裕史

提供サービス

もしもドロップシッピング
誰でも商品在庫を持つことなく、無料でネットショップを開ける手軽さにより、現在42万人以上の方に利用されています。
もしもアフィリエイト
通常報酬とボーナス報酬を合わせた 「W報酬」で業界最大級の報酬額を実現した個人に特化したアフィリエイトサービスです。
TopSeller
楽天市場やMakeShopなどのショッピングモールやショッピングカート店舗向けに、27万点以上の商品を直送型卸で提供するサービスです。

当プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社もしも 小野
E-Mail:pr@moshimo.com TEL:03-6911-4154