広告掲載費無料のオンライン出稿ツールを開始~効果的なアフィリエイト運用に向けたプラットフォーム構想について~

2017年05月11日 株式会社もしも

株式会社もしもが運営する個人特化型アフィリエイトサービス「もしもアフィリエイト」は、効果的なアフィリエイト運用に向けたプラットフォーム構想を発表し、5月11日にアフィリエイト広告主を対象とした広告掲載費無料のオンライン出稿ツールを開始することをお知らせいたします。

プラットフォーム構想とは

当社は、個人に特化したASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)として、2010年よりサービス運営をしております。
現在アフィリエイト市場は毎年成長しており、2016年はEC市場の拡大及びスマートフォンの普及を追い風に約2,006億円(前年度比115.3%)の市場規模※1があるとされています。アフィリエイトが効果的な手法となる一方、運用面においては人に頼ったアナログな作業が多く、アフィリエイトが普及した2000年頃から現在まで運用の大きな進化がありませんでした。

そこで当社は2014年より、アフィリエイトの“成果報酬型広告”という特徴を活かした環境作りが必要と考え、効果的な運用を可能とするプラットフォーム構想を始動しました。人に頼ったアナログ運用からシステムを使った自動運用を目指すことで、アフィリエイトの価値を最大化できると考えております。
構想から2年、これまでサイトと広告の最適な組み合わせを行う『自動マッチングβ版』や、『リアルタイムの特単設定機能』『アフィリエイト成果推定キーワード表示機能』といったアフィリエイトサイト運営者を支援するツールを拡充して参りました。その結果、新規会員登録数は3年間で7.2倍へと増加し、多くの方からご支持を頂いております。

そして今回プラットフォーム構想を加速させるため、広告主が広告の登録作業をWEBで完結できる『オンライン出稿ツール』の提供を開始いたします。これにより、広告掲載にかかる初期費用と月額費用の『広告掲載費無料』を実現いたしました。今後さらなるアフィリエイト広告の変革に向けてプラットフォーム構築を進めて参ります。

広告掲載費無料のオンライン出稿ツールについて

アフィリエイト広告を出稿する広告主を対象とし、マーチャント※2登録から、プロモーション※3開始までをオンラインで完結することができます。
 これまでアフィリエイト広告を出稿するためには、資料請求から運用開始までに最大8個のステップを踏む必要がありましたが、オンライン出稿ツールを利用することで最大3個のステップへと対応コストを削減することができ、最短1日でプロモーションを開始することが可能となります。
https://secure.moshimo.com/af/www/ad

また当社は2014年より、新規ビジネス領域を取り組む企業を対象に、広告掲載費用時の初期費用と月額費用を無料とする『アフィリエイト支援制度』を開始しておりましたが、今回オンライン出稿ツールを提供開始したことにより、全ての広告主を対象に広告掲載費の無料化を実現いたしました。

対象:全ての広告主
開始:2017年5月~
内容:広告掲載費の無料。 ※これまでの広告掲載費52万円(初期費用4万円、月額費用4万円×12ヶ月)
成果発生時のみ、手数料として成果報酬の30%発生

今後について

今回の取組みを皮切りにアフィリエイトプラットフォームを構築するため、既存レポート機能の改善、メディア自動提携促進など広告運用の自動化を進め、手間なく効果的なアフィリエイト運用の実現を目指してまいります。

※1 :出処:株式会社矢野経済研究所
※2 :アフィリエイト広告を出稿する広告主
※3 :アフィリエイト広告案件

会社概要

社名
株式会社もしも
本社所在地
東京都新宿区西新宿3-5-1 新宿セントランドビル8階
設立
2004年12月
資本金
5億2,550 万円(資本準備金含む)
代表取締役
実藤 裕史

提供サービス

もしもドロップシッピング
誰でも商品在庫を持つことなく、無料でネットショップを開ける日本最大級の個人向けドロップシッピングサービスです。
もしもアフィリエイト
通常報酬とボーナス報酬を合わせた 「W報酬」で業界最大級の報酬額を実現した個人に特化したアフィリエイトサービスです。
TopSeller
楽天市場やMakeShopなどそ利用しているストア向けに、25万点以上の商品を直送型卸で提供する商品仕入れサービスです。

当プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社もしも 小野
E-Mail:pr@moshimo.com TEL:03-6911-4154