株式会社もしもと株式会社ヒノキが業務提携 『もしもドロップシッピング』に、「ペットと陽だまりのある暮らし。」を考える ヒノキのペット商品、全6,500点を提供開始

2007年10月17日 株式会社もしも

 「快適ペット生活」をはじめ、ペット商材の小売・物流を行う株式会社ヒノキ(本社 岡山県岡山市、代表近藤 隆裕、以下「ヒノキ」)は、インターネットを通じて個人の販売力を結集した、新しいECモデル「ドロップシッピング」サービスを展開する株式会社もしも(本社 東京都渋谷区、代表 実藤裕史、以下「もしも」)と提携し、同社が運営する「もしもドロップシッピング(http://www.moshimo.com/)」向けに、ヒノキが取り扱う商品データの提供を開始いたしました。

 ヒノキは、大手ペット問屋の株式会社マーク産業(本社 大阪府八尾市、代表 小山 勝己、以下「マーク産業」)と業務提携し、マーク産業内に500坪のヒノキ専用の通販物流センターを保有しております。マーク産業内の豊富な在庫(6,500点、2007年9月現在)を活用し、在庫負担なしで、フードやシーツなどの重い荷物を直接顧客へ配達する「家まで届けますよ!物流」システムを整備し顧客満足を高めました。その結果は、楽天のペットジャンルで、「ショップ・オブ・ザ・イヤー」を6年連続受賞(快適ねこ生活 http://www.rakuten.co.jp/hinoki/)といった形で表れております。
 ヒノキは、在庫負担・倉庫コスト不要の「家まで届けますよ!物流」サービスを他社にも提供しており、この度のもしもとの業務提携もその一環にあたります。
もしもは今回の提携を通じて、市場が拡大しているペット商品を大量に導入することにより、ペット愛好者をドロップシッピング利用者に取り込み、裾野の拡大を目指します。もしもへの提供商品データは約1,000点からスタートしますが、順次拡大し、最終的には、ヒノキの全商品を予定しています。


■ もしもドロップシッピングについて

ドロップシッピングとは、商品を選び、販売価格を設定するだけで、ユーザー個人のブログやホームページにEC機能を付加できるサービスです。

「もしもドロップシッピング」は、日本でのドロップシッピングサービスの先駆けとして2006年8月にスタートし、わずか1年と2ヶ月で約90,000人の会員を集めた国内最大のドロップシッピングサービスプロバイダーです。
商品販売の容易さ、商品数、利益率の高さなどにより、アフィリエイタを中心に人気を集めています。


■ ヒノキ会社概要
1. 会社名 株式会社ヒノキ
2. 所在地 岡山県岡山市駅元町15番1号リットシティビル4F
3. 代表者 代表取締役社長 近藤隆裕
4. 設立 1996年11月
5. 資本金 3億円
6. 事業内容 猫砂の製造・販売、各種ペット用品の販売、「家まで届けますよ!物流」
7. 会社電話 086-251-5712
8. URL http://www.catgoods.co.jp/index.htm
9. mail hinoki@catgoods.co.jp

■ もしも 会社概要
1. 会社名 株式会社もしも
2. 所在地 東京都渋谷区恵比寿1-21-8セラ51ビル9F
3. 代表者 代表取締役社長 実藤裕史
4. 設立 2006年6月
5. 資本金 2億9550万円(資本準備金含む)
6. 事業内容 ドロップシッピングサービスプロバイダー事業
7. 会社電話 03-5423-7811
8. URL http://www.moshimo.com/
9. mail pr@moshimo.com


当プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社もしも 小野
E-Mail:pr@moshimo.com TEL:03-6911-4154