防災グッズの販売動向を発表~防災グッズ売上が前月比223%に増加。地震や台風が防災意識に影響か~

2009年09月01日 株式会社もしも

株式会社もしも(東京都渋谷区、代表・実藤裕史)が運営するドロップシッピングサービス「もしもドロップシッピング(www.moshimo.com)」において、2009年8月度の防災グッズ売上が、同7月度と比較して223%に増加いたしました。相次ぐ地震や台風等から防災意識が高まっていると推測されます。


■防災アイデア商品が人気傾向

小型の携帯用トイレや携帯用浄水器「ドリップデリオス」、電池不要の懐中電灯「シェイクライト」、地震を感知して光とサイレンで場所を知らせる「充電たまご」といったアイデア商品が人気となっています。

1位:携帯トイレミニ
http://www.moshimo.com/article/1/121424

2位:携帯用浄水器 ドリップデリオス
http://www.moshimo.com/article/1/11905

3位:充電たまご SP-230
http://www.moshimo.com/article/1/105924

4位:LED3灯 シェイクライト
http://www.moshimo.com/article/1/100944


防災グッズの需要増加傾向は、今後1ヶ月程度継続すると予測しております。


調査対象:もしもドロップシッピング(http://www.moshimo.com)

<株式会社もしもについて>
株式会社もしも(代表・実藤裕史)は、誰でも自分のネットショップを作って商品を販売できるサービス「もしもドロップシッピング」を2006年8月より運営しています。Eコマースの普及や副業需要の高まりに伴い、現在は28万人以上の利用者を持っています。

【会社概要】
会社名 :株式会社もしも
所在地 :東京都渋谷区道玄坂1-19-2 スプラインビル3F
設立  :2006(平成18)年6月
資本金 :5億2550万円(資本準備金含む)
代表者 :代表取締役 実藤裕史
事業内容:ドロップシッピングサービスプロバイダー事業
URL :http://www.moshimo.com/

当プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社もしも 小野
E-Mail:pr@moshimo.com TEL:03-6911-4154